DCCフレンドリ DCC friendly

DCC化しやすい周辺機材を指して言う修飾語。

DCCではポイントは開いている方向だけでなく、どちらの枝線にも常に給電されていなければならない。すなわち、フログは選択された方向の極性にポイントマシンの接点などを利用して切り替えられなくてはならない。また、トングレールは左右が電気的に絶縁されている必要がある。

このような特徴を備えた既製品のポイントを、DCCフレンドリなポイントという。例えば[この](http://home.att.net/~ttcwrynn/)ような製品がある。もちろんデコーダを搭載しやすい設計の機関車をさすこともある。

[Tad]

コンシスト consist

コンシストとは動力車の編成のこと。例えばディーゼル機関車の多重連を考えよう。それぞれの機関車の前後は決まっている(決めておかねばならない)。編成したとき一部の機関車が逆行することは避けねばならないので、1台ずつF,Rを指定してコンシストを組む。

最も前方の機関車の番号が編成の番号となるので、その番号を使って呼び出すことになる。汽笛は最前方の機関車しか鳴らない。

[Tad]

プログラミング・トラック programming track

運転用の本線とは電気的に独立した区間を設け、動力車に搭載したデコーダのプログラミングを行うための配線をした線路の名称。コントローラには、この区間を利用するための専用の端子とモードがある。この区間に置いた動力車をコントローラから供給する電力で走らせることはできないので、6Pスイッチを設けて本線用の配線と切り替えられるようにする。また、プログラミングトラックに供給される電力は本線よりも小さいので、動力車にデコーダを設置したときの最初のテストにも使用する。

[taknom]

プログラミング・トラックをレイアウト上のどこに設けるかは熟慮せねばならない。

多くの解説書ではターンテーブルの枝線の一つを採用せよとある。もっとも、手を伸ばせばすぐ届く位置になければならないことは言うまでもない。

[Tad]

リバース・ループ・ユニット reverse loop unit

リバース・ループ・モジュール、オート・リバーサーとも言う。リバース・ループに進入した列車は、いずれ逆向きにリバース・ループを出て行くが、線路の極性が逆になるので電気的短絡を生じる。

DCCのコマンドは機関車の動輪の回転方向を規定するのでそのままループから出ても何らの支障も無い。しかし線路への給電の整合性を保つため極性反転装置が必要となる。

この装置はリバースのみならず、三角線、転車台、クロッシングに不可欠のものである。

[Tad]

テザード tethered

ひも付き、要するにハンドヘルドのキャブに電線がついていてコマンドステーションにつながっている状態。無線ならばワイヤレスまたはレイディオ・キャブという。ウォーク・アラウンドを実現しようと思えば有線では不可能ではないが面倒である。歩きながら順次プラグを差し替えて行かねばならないからである。

[Tad]

黒い本 the black book

“Digital Command Control, the Comprehensive Guide to DCC” by Stan Ames, Rutger Friberg, Ed Loizeaux (2nd printing) のこと。DCCの全般に亘って客観的な記述でまとめてある。著者のLoizeaux氏(ロワゾーと発音する)はサンフランシスコ郊外に居住するSゲージャーで細密レイアウトを所有し、DCC化している。

[Tad]

赤い箱 the red box

SNJPNで発売しているデコーダ・プログラマーDP1の俗称。 DCCの能力を最大限に発揮させるにはCVを変化させる必要がある。

 赤い箱出現以前は、すべてのCVを紙に書き出して一つずつ変えては、紙の上の記録を書き直すしかなかった。その次はRS232Cの時代でコマンドステーションからのケーブルを使ってPCにつなぎ、大変な時間をかけて出力曲線を修正する必要があった。どちらもかなりのスキルが要求され、誰にでも勧められるものではなかった。 せいぜい機番変更しかしない人には何の問題も無いが…。 赤い箱を使えばUSBポートにつなぐだけで瞬時に出来る。

 プログラミング・トラックに直接つないでおけば、機関車をそこに持ってきてSWを切り替えるだけでデコーダの中を覗ける。しかもその場でコンピュータ画面から走行はもちろんのこと、全てのファンクションの試運転までできる。この簡易コマンドステーションの機能は便利である。

[Tad]