How To Build Realistic Layouts: Industries You Can Model

Model Railroader の Kalmbach 社から来たDMに載っていた、「How To Build Realistic Layouts: Industries You Can Model」を予約注文してみました。

前作「How To Build Realistic Layouts: Model the Trackside Scene」に続く2作目です。予約受付中で、4月24日発刊予定です。値段は8ドルです。第3弾は「How To Build Realistic Layouts: Freight Yards」が8月に刊行の予定です。

線路際の引き込み線と工場がうまくモデル化できると、入れ替え運転が楽しくなりそうです。

– [How To Build Realistic Layouts: Industries You Can Model – Kalmbach](http://kalmbachcatalog.stores.yahoo.net/mr2.html)

– [How To Build Realistic Layouts: Model the Trackside Scene – Kalmbach](http://kalmbachcatalog.stores.yahoo.net/mr1060501.html)

mr2-cv0506_final.jpgkalmbachcatalog_1941_9908339.jpg

On30 クライマックス・キットの連絡が来ました

Boulder Valley Models に予約を入れてあった、On30 クライマックスの Little Bitty Mini-Max キットの準備ができたので料金65ドルをという連絡をもらいました。送料もコミということになっています。支払い方法はいつもの PayPal なので、サイトからすぐ送金しました。

私が買ったのは、石炭焚きの方です。1週間くらいで届くでしょうね。下回りの HO Climax の入手も考えないと。

吊掛讃歌 1

ブログ「編集長啓白」に『吊掛讃歌 1』の出版の話が載っていました。

tsurikake01.jpg

RM Models 誌の楽しみのひとつが、片野正巳さんの吊掛讃歌と題した電車のイラストページで、本にまとめられるのを楽しみにしていました。ブログ記事によると、イラストレーターで書いているのだそうです。

アマゾンを見たところ、すでに出版されているようですね。オーダーしなくては。

あけましておめでとうございます

今年もよろしくお願いします。

昨年を振り返ってみると、作ったのは On30 自由形 DL、HOn30 沼尻ガソリンカー、そして N BB凸電でした。全部アルモデルですね。
P060826-2-1.jpgP060816-1.jpgP060709-1.jpg

今年もしばらくは惰行運転が続きそうですが、だんだんノッチを上げていきたいと思っています。

HOゲージ 小型レイアウトの作り方

ナローガレージさんの掲示板で、「HOゲージ 小型レイアウトの作り方」という本が紹介されていたので、アマゾンで探してみました。

4416306148.01._AA240_SCLZZZZZZZ_V49883511_.jpg

60cm × 90cm の机サイズのHOレイアウトが載っているそうです。子供の頃に熱中して読んだ、TMSの記事を思い出します。小サイズだと車両の手配に苦労しそうですが、表紙にあるようなレールバスならば大丈夫なんでしょうね。

とりあえず、本はオーダーすることにしました。

アルモデルの自由形電動貨車【カモデン】

アルモデルのサイトが更新されて、 16番の自由形電動貨車【カモデン】の写真がトップページに載っています。

これまで、ハセガワの懐かしシリーズの市電や、凹電、凸電を作ってきたので、このカモデンも作ってみようと思います。まだ詳しい案内は出ていないですが、そのうちパーツセットも出してくれるでしょうね。

BVM の On30 クライマックス

Boulder Valley Models サイトに、On30 のクライマックス「The Little Bitty Mini Max」の案内が載っています。

ページには、バックマンの On30 クライマックス(28トン)と並んだ写真も載っていますが、14トンのミニマックスは小型でいい感じです。最小通過カーブは、15インチから12インチ程度とあります。

モデルには、#251の木焚き、#252の石炭焚きの2種類があります。値段は予約で65ドルだそうです。今のところ、予約受付のみで、販売は先になるそうです(来年?)。

足回りは、バックマンのHOクライマックスを使います。サウンドデコーダーには、サウンドトラックスの DS-090LCか、小型のLok-Soundが搭載可能だそうです。

サイトもまだ案内ページしか無く、詳細ページは準備中だそうです。

とりあえず、石炭焚き版を予約しました。いつ発売になるでしょうね。

『木曽谷の森林鉄道』がアマゾンに

ブログ編集長啓白の「ついに完成!『改訂新版 木曽谷の森林鉄道』。」でも紹介されていた、西 裕之 著『木曽谷の森林鉄道 改訂新版』ネコ・パブリシングが、アマゾンに載りました。

12月6日発売予定で、値段は1万円です。

ずっと読みたかった本の改訂新版! とても楽しみです。