On30足尾のフォード組立中(その2)

前の記事を書いた後で、以前作りかけで投げ出したキットのモーターやウォームギアーが流用できるかもしれないと思いつきました。同じワールド工芸のHOデキ3のモーターとギアーを使ってみたら、ぴったりでした。同じ寸法のようです。

一応走るようになったので、煙突をハンダ付けし、ボンネットも接着しました。カプラーは、2トンバルカン機関車用に買ったケーディー・カプラーと、カプラー用のマウントをつけてみました。このマウントは、グランドラインの DRG&W ボックスカー用のものです。カプラーはNゲージ用のものですが、 On30に使われているHO用のものと連結することができました。

一応走るのですが、やはり低速ではあまりスムーズではありませんし、なんだか音も大きいような気もします。ウォームギアの噛み合わせを調整すれば良いのでしょうか? それとも他に注意する点がありますでしょうか…

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中