PWM pluse width modulation

ここでは、モータを駆動するための一方式。一定の電圧を、パルス状(間欠)
にすることにより、モータに印加する平均電力を調節する方式。パルスの周期(周波数)
によってモータとの相性がある。DCCでは一般的に 50Hz – 200Hzの周波数が使われるが
振動音がするために、サイレント駆動と呼ばれるものは、10KHz以上の周波数が使われる。

ただし、サイレントの場合、モータによっては、低速域のトルクがなくなるので注意が必要。
逆に、コアレスモータでは、サイレント駆動でなければ故障の原因となる。

[snjpn]

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

w

%s と連携中