前進速度に比べて後退速度を小さくするには

スピードテーブルが有効になっているときに、CV66(前進の微調節)、CV95(後退の微調節)を行うことができます。計算式は (スピードテーブルの速度 * CV / 128) で決定されます。

(snjpn)

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中