リグロイン ligroin

炭化水素の混合物であり、接点復活剤としてレールに塗布すると飛躍的な改善が見られるもの。

沸点135〜145℃程度の炭化水素であり、各種用途の溶剤として用いられる。不揮発分がないのでべとつかず、レールや車輪の汚れは軟化して押し出され、乾いて落下する。臭いはほとんどないので室内での使用にも問題はない。また引火の心配もほとんどない。

[Tad]

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中