サウンドデコーダーの比較

Tony’s Train Exchange のニュースに、DCCサウンドデコーダーの比較記事が載っています。

– [Sound Decorder Comparison](http://tonystrains.com/productcompare/snd_dec_comp.htm)

ESUとDigitraxの特徴は、サウンドがダウンロードできることですね。

MRCのサウンドデコーダーが安価だというのは知っていましたが、複数種類の音色を搭載していて、CV値で選択するのだということをこの記事で知りました。

あと、スピーカーのインピーダンス値が表で載っています。たいてい8Ωとおもっていたら、Digitrax Sound FX は32Ω、ESU LokSound は100Ωなんですね。スピーカーの選択にも注意する必要がありそうです。

記事には取り上げられていませんが、Digitrax, ESU, MRC は一般的な蒸気やディーゼル機関車の音を、SoundTraxx は ナロー機関車のサウンドを多く有しているところに特徴がありますよね。強敵が増えましたが、Tsunami がなかなかリリースされない SoundTraxx もがんばってほしいと思います。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中