突入電流のテスト

以前、複数のQSI搭載ロコを線路上に置いたまま電源を投入すると、突入電流で Digitrax コントローラーのブレーカーが動作するという話がありました。それを私の環境でテストしてみました。

コントローラーには、KATO D101 を使っています。Digitrax の Zephyr の日本版ですね。

手持ちのQSIサウンドデコーダ搭載ロコ5両全て(BLI の ハドソン、GG1、E7、USRA 2-8-2 および Atlas の Train Master)を載せて電源を入れたりきったりしてみましたが、特にブレーカーが動作する様子は見られませんでした。どこかに、突入電流を鈍らせる要因(レイアウトの大きさや、配線の長さ、太さも?)があるのでしょうか。

P050611-2.jpg

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中