MDC の 50フィート貨車

これもだいぶ前に買った、MDCの50フィート貨車を作っています。

箱を開けてみて驚いたのが、アキュレールのキットのようにプラスチックの床板に金属のウエイトを貼り付けるのではなく、床板そのものがダイキャストでできていることです。重さはずっしり。
しかし、このままではぴかぴか目立つので、黒で塗装しました。また、写真にも見られるようにバリは結構たくさん出ているので、まずこれを削る必要がありました。ただし中央に見られる2カ所の突起で貨車車体にはめ込むので、これは削ってはいけません。

P050411-1.jpg

NYC のを2両作ってみました。台車は塗装しています。MDCのキットは車軸は金属でできているので、転がりはまあまあ良いです。カプラーはケーディーのものに取り替えましたが、床板が若干低めなので #5 ではポイントに引っかかってしまいます。カプラーが高い位置に付いている #47 を使ってやる必要がありました。あと、カプラーボックスの精度がいまいちのようで、一方は良く首を振ってくれるのですが、反対側は動きが渋めです。2両とも同じ傾向なので、製造精度があまりよくないということなのかもしれません。

P050411-2.jpg

車体の造形もアキュレールに比べると甘めですが、編成に組み込んで走らせればそんなに気にはならないかも。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中