BLI の NW2 届きましたが…

えふさんからコメントをいただいていますが、私のところにもBLIのNW2が届きました。久々の新車です。ディテールはよくできていて、Life-Like プロト2000のSW1200に匹敵する出来だと思います。

テストのためにアナログで走らせてみると、普通の機関車と逆方向に走り出して仰天。また、前進はちゃんと走るのですが、後退はノロノロ。なんだか変です。リセットしてみても直りませんでした。

アナログ運転は重視していないので深く追求せずDCCに切り替えると、こちらは快調に走ります。しかし、メカニズムの走行音が大きいのが気になります。まるで、一昔前のバックマンの機関車みたいです(^^)。せっかくのQSIサウンドもメカニズムの音に埋もれがちです。また、スピーカが小さいためか、BLIのこれまでの機関車に比べるとちょっと音が薄っぺらい雰囲気です。

P050206-1.jpg

そして困ったことによく脱線します。必ず前の台車の右側に脱線するのですが、よく見てみると下の写真のように車輪がレールからわずかに浮き上がっています。これでは脱線しますよね。私の機関車に固有の問題なのかもしれませんが、今までのBLIの機関車よりは一段性能が落ちる感じで、ちょっとがっかり。BLIは小型車両は不得意なんでしょうか。夏頃出るはずのF7がこんなレベルの製品でないことを祈っています(;_;)。

P050206-2.jpg

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中